« Memory高騰?!まさに生もの。 | Main | どうせだったら読んで欲しい »

いろいろ言える不幸と幸福

Butakui: QUEENのBrian Mayが東芝EMIのCCCDに激怒

 CCCDについてのいろいろも気になる(いいかげん、
CD売る側はCD買う気を取り戻させて欲しい)のだが、この記事にある

しかし、こうやってアーチストに直接メールができちゃって、しかも、すぐにアーチストがレスポンスを返す、ネットってホント、凄いよね。びっくり。

 これは本当にびっくり。と同時に日本の状況を見ると、
「なんだかなぁ@阿藤 快(わかりにくすぎ)」も感じたりします。

 元々日本のアーティストでメールアドレス公開しているというか、
メールで意見受け付ける、って人がどれほどいるんだろうか、
と考えてしまう。

 確かに、今時たいていのタレントさんはホームページ開設していて、
掲示板とかそんな感じで『ご意見募集』みたいな事もしている。
でもそれ、実際の声はどれほど届いているのだろうか。

 確かにアホな事書いてくるやつも多いから、事務所なり
なんなりでフィルター掛ける事は必要かもしれない。でも、
そのフィルター、必要以上に聞いてたりしないだろうか。

 お客の声を必要以上に聞いてしまえば「迎合している」
なんて事も言われるだろうし、きっとその通りだ。でも、
人の意見を聞いた上で自分の考えを表明したりする事は
できるのではないだろうか。

 自分というものがどういうものか、それを表現するのが
アーティストなのであれば、よけいその辺のおりあいは
つける事ができる、と言うより、

 そのバランスが取れる人こそ、アーティストなのではないか。
そんな事も考えたりします。

 そう考えると、その機会を与えられない日本のタレントは、
実は不幸なのかも、そう感じたりします。

|

« Memory高騰?!まさに生もの。 | Main | どうせだったら読んで欲しい »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2143/115500

Listed below are links to weblogs that reference いろいろ言える不幸と幸福:

« Memory高騰?!まさに生もの。 | Main | どうせだったら読んで欲しい »