« 人間(ひと)が生きるには短すぎる | Main | Yahoo!オークションを追い抜くには »

まず名称を一般公募しといた方が

人気ブロガーに賞金100万円:サイバーエージェントの「アメーバブログ」 - CNET Japan

 はっきり言って(言わなくてもわかりきっているが)、乗り換えた所で
賞金には全く無関係なブログの持ち主である私からすると、
『じゃ乗り換えなくてもいいや。』となってしまう。が、そんな事と同時に
ふといろいろと考える事がある。

・『賞金』を出すほどのブログとは
 正確(というより泥臭い言い方)には『報酬』だろうか。要は
 『お金もらって書いてもらう』ブログとは、と言う事。これは
 『お金払ってみる価値のある』ブログとは(閲覧側が支払う)
 のではなく、客寄せというか新規顧客やリピーターの誘導に
 役立つブログとは、と言う事だろう。

 と考えると、あまり難しく考えなくてもわかる。『そのブログで
 ないと得られない情報』があるブログ、と言う事になる。

 ただ、ブログとは(現状は)あくまでテキスト主体。写真が
 載せられるとかあるけれど、そう言った手の込んだ事を
 しなくても情報発信ができる(簡便さ)、と言うのが筆者側
 から見たブログの利点だと思うので、簡便さを捨ててまでは
 ブログの形態で提供しないだろう、と思う。

 さて、そうなると、『賞金をもらう価値のあるブログ』というのは
 どう言った物なのだろうか。そのジャンルや発信形態などに
 興味があります。ちょこっとだけ。

・ブログの乗り換え
 ブログサービスを提供しているサイトを乗り換える事について。

 手軽に始められるよう配慮しているブログのサービス。
 ただ、簡単に始められるという事は簡単にやめられる、
 と言う事にもなります。

 情報発信のツールとして使用する場合はそれほど不自由も
 感じそうにないですが、ブログをトラックバックに代表される
 ような『相互のつながり』を重視したコミュニケーションツールと
 して使用している人には乗り換えは容易ではない、のでは
 ないでしょうか。

 逆に、だからこそその点(移設後もコミュニケーションの
 つながりを保てる仕組み)を提供できるのであれば、
 コミュニケーションツールとしてブログを使用する層にも
 アピールできるのではないか、なんて考えます。

・そりゃそうと
 「アメーバブログ」って名前はどうなんだろう。
 一般客受けってあんまり関係ない?それとも一般受けする
 名称なの、これって?!

 う~、私の感性って世の人とはズレているからなぁ・・・

|

« 人間(ひと)が生きるには短すぎる | Main | Yahoo!オークションを追い抜くには »

Comments

I must say that overall I am very taken with this site. It is apparent that you know you subject matter and you are passionate about it. I wish I had got your ability to write. I have bookmarked your site and look forward to more updates.

Posted by: payday loans | 2010.08.30 at 23:32

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2143/1447998

Listed below are links to weblogs that reference まず名称を一般公募しといた方が:

« 人間(ひと)が生きるには短すぎる | Main | Yahoo!オークションを追い抜くには »