« そのたとえはおもしろいぞ | Main | はいここにオヤジ。 »

天然だと思ってくれた方がよい場合

眞鍋かをりのここだけの話 powered by ココログ: 新しい諭吉さんがひとり

 なんだか押しつけがましい話を1つ。

 私の場合、他人(顔は知っているがそれほど親しくない関係)に
食べ物や飲み物を勧める場合、「私が食べたいので」と言う場合が
多い。単に勧めると遠慮する相手でもこっちが食べたいので一緒に
つきあってくれ、と言うとそれほどは断らない。

 無論、「私と一緒に飲み食いなどイヤぢゃ光線」が出まくって
いる人もいるので使いどころが難しいが(あいたぁ)。

 真鍋さんのケースも、意外と「親が子供を思って一生懸命ひねった
感謝を伝えるための言い訳」なんじゃないかなぁ、そんな気がします。

 もっとも、そのひねり方が

「180度回るつもりが380度回ってしまった」

 印象が見受けられますが。

・・・20度しかずれてませんから、残念っ?!
なに斬りかはあんたに任せた(他力本願)。

|

« そのたとえはおもしろいぞ | Main | はいここにオヤジ。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2143/1975851

Listed below are links to weblogs that reference 天然だと思ってくれた方がよい場合:

« そのたとえはおもしろいぞ | Main | はいここにオヤジ。 »