« はいここにオヤジ。 | Main | 「ITmedia」と「@IT」が3月に合併 »

グルメ関連を信用しない理由

Sensitive mind-Diary: マヨネーズを入れるな!!!

 私自身はマヨネーズというのはそれほど苦手ではありませんが、
回避できる場合は回避するようにしています。

 というのも、マヨネーズって基本的に主成分は『油』なんですよね。
たまご(黄身)だと思ってしまう場合も多い(まぁ料理しないおっさんは
大抵そうだよ、オレがそうだし)のですが、黄身よりずっと油分の方が
多い。それ知ったら体の事を考えると出来るだけ回避しています。

#出来るだけがどの程度か、と言う質問も回避させて頂きます(ぉぃ


 その際以前どこかで読んだ(見た、聞いた)のですが、

『人間がおいしさを感じる要素は本来「油分」と「糖分」だけである。』

 と言う話に衝撃を受けた物です。つまりその視点からいくと
マヨネーズはおいしいと感じて当然。というより「反則」と言って良い
くらいだ、と言う事でした。


 話変わって最近グルメ番組や雑誌やなんやかや。
まぁ、食べ物の話題には事欠かないのですが、気になる事が
あります。

 テレビでも雑誌でも何でも良いので、気をつけて見てみる。
すると、「おいしい理由」がほとんど2つしかないのに気が付きます。

 「あまい」のと「やわらかい」、この2つ。「あまくておいしい」
「やわらかくておいしい」、こんな表現がゴロゴロしていて、
同時にそれ以外の表現が極端に少ない事に気が付きます。

#お前らそれ以外の表現しらねえのかよこの(以下自主規制)。

 「あまい」のは上に出てきた「糖分」が絡むのである意味
当然かもしれません。「やわらかい」も肉に使われるケース
などを見てみると「霜降=>脂身=>油」と間接的に関係するかも
しれません。

 よく言うと「本能に忠実」、悪く言うと「本能に縛られている」。
そんな気がするのです。


 私自身それほど食べ物にこだわりがあるわけではありませんし、
基本的に何でも食べてしまう傾向があります。でも、苦味や渋味
などもおいしさとして認識したり、歯ごたえを楽しみたい感覚も
多少なりとも知っているつもりです。

 そして、食べ物の興味は人それぞれです。ある人においしいから
と言って自分がおいしい保証はない。万人に受ける物が自分も
好物だ、なんてケースばかりでもないでしょう。そもそも、食べ物の
好みっていつの間にか変わってしまうくらいですから。

 そんな、「グルメじゃないけど食べるのは好き」な身としては、
「あまい」と「やわらかい」だけで表現するような最近のグルメ特集は
あてにしないようにしています。否定はしませんが、私の好みと
合わないケースが結構あるんですよねぇ。

・・・何度騙されたかしれないぞコラ金返せよぉ(静かな抗議)。

|

« はいここにオヤジ。 | Main | 「ITmedia」と「@IT」が3月に合併 »

Comments


 winter-cosmos さん:

 実はWind Calmさんから指摘された際に調べていた時に
私も知ったのですが、一応豆知識と言う事で。

 その友人が言われた事は「半分正解」となるように思います。

 マヨネーズは一般的に7~12ヶ月程度が賞味期限となっている
ようです。「卵や油など、いたんでもおかしくなさそうなのに」
と思いますがお酢が腐敗を防ぐのでこのくらい保つのだそうです。

6.マヨネーズが長くもつのはどうしてですか?防腐剤が入っているのですか?
http://www.ajinomoto.co.jp/hiroba/qa/qa_mayo02.html#6
(味の素 お客様との広場より)
http://www.ajinomoto.co.jp/hiroba/

 一方、上記のようにお酢が腐敗を防いでいるため、一般的にはそれ
以外の防腐剤を特に入れている、というケースは多く無いようです。
(あるかもしれません。また、防腐剤以外の添加物はわかりません。)

 winter-cosmosさんの友人が「防腐剤」という表現をどのような意味で
使われたかにもよりますが、一般的に特別な防腐剤が入っていない以上

「マヨネーズで防腐剤代わり」

 とはならないと思います。むしろ、マヨネーズの油分が分離して
きたりする可能性を考えると『腐敗促進剤(すごいなそれ)』
になりそうな予感すらします。

 という訳で、マヨネーズを必要以上に毛嫌いする必要もないでしょうが、
防腐剤にするようなおもしろい使い方は止めておく事をお勧めします。

Posted by: G.Leader | 2004.11.30 at 12:58

 初めまして。以前理系の専門学校を出た人が、「マヨネーズは防腐剤のカタマリなんですよ。だからお弁当なんか腐らせたく無い物にはマヨネーズをかけておくといいんです・・・。」(何それでしょ???)それからとっても○Pとか、○の素マヨなんかに抵抗を感じてるんですけど、どうなんでしょうね~。
悩むくらいなら作ればいいんですけどね(笑)

 

Posted by: winter-cosmos | 2004.11.26 at 11:16

> 卵黄も、主成分は油だと思います・・・

どれどれ・・・(・_・ ) だいたい1/3くらい、か。
おもっきし主成分だな。
http://www.kasei.ac.jp/~student/report03/WebAuthoring/masamune/seibunn.html

(∩゜д゜)アーアーきこえなーい(こら

Posted by: G.Leader | 2004.11.24 at 09:23


 水月さん:

 おひさしぶりです。

 味を伝えるにはある意味「似たような食生活の経験」
が共有できていないとダメかもなぁ、とは確かに
思います。最後は主観になってしまいますから。

 味覚の表現については古い言葉だとずいぶん
表現が豊富なのですが、これもピンと来ないケースが
多いでしょうし。

 伝える側としてはご苦労されるケースですね。
頭下がります。

> お客様に聞かれた時も、まず買ってみて食べればいいじゃん、
> と思うことも、しばしば、です。

 なるほどそれなら完璧だぁ(ぉぃ。

Posted by: G.Leader | 2004.11.24 at 09:22

卵黄も、主成分は油だと思います・・・

Posted by: Wind Calm | 2004.11.23 at 11:53

トラックバックありがとうございます。
お久しぶりです。

マヨネーズの主成分が油ということで思い出しましたが、
調理実習でマヨネーズを作ることになり、
私はその様子を見ていましたが、単品で何ともないものが、
混ざると「あんなもの」になるのが不思議でなりませんでした。

それはさておき、テレビで単に「おいし~い」と言ってても、
どんな味なのか、どんな食感なのか、
それを説明してちょうだい、って思う時がありますね。

私はスーパーの野菜、果物売場で仕事していますが、
お客様に、「これはどんな味?」と聞かれた時に、
「おいしい」だけで終わらないように、
とにかく食べてみて、自分なりの言葉を見つけるようにしています。
でもその言葉を説明しても通じてなさそうな時もあるし、
色んな品種を掛け合わせたもの(この時期ならみかんかな?)については、特徴がなくて言葉が見つけられない時もあります。

まぁ、こんなに美味しいものがあるんだぞ! というPRをテレビや雑誌をしてる訳で、
実際は食べないと分からない・・・ってことなんですかねぇ。
お客様に聞かれた時も、まず買ってみて食べればいいじゃん、
と思うことも、しばしば、です。

Posted by: 水月 | 2004.11.23 at 11:46

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2143/2039726

Listed below are links to weblogs that reference グルメ関連を信用しない理由:

« はいここにオヤジ。 | Main | 「ITmedia」と「@IT」が3月に合併 »