« プリント基板用インクが別売りされる時代(まだ未到達) | Main | 迷惑メールへのプロバイダの取り組み »

もしかしたら逆効果かもしれない

第 1 回 SEO コンテスト

 SEOとはなんぞや?ちょっと正確じゃないかもしれませんが、
「検索エンジンへの最適化」と言うことらしいです。

 Googleが一般的に使われるようになってずいぶん経つ
感じがします。「ぐぐる」という動詞形も使われていたりする
くらいなので、日常的に使っている人も多いのかもしれません。

 さて、企業などがホームページを作って何に悩むか?
実店舗と悩みは変わらず「いかにお客様に来て頂くか」
が問題なのです。

 そこで、そこまで一般化したGoogleで自社の扱っている
商品やジャンルなどが検索上位に来れば自然と集客になる、
となります。ところが、Googleは「何をどうしたら検索上位と
なるか」明確な基準を公開していません。そのため考えられた
結果がSEO、検索エンジンでどうやったら検索上位に自分の
サイトを持ってくるか、その手法という訳です。

 話が長くなりました。やっと本題。

 SEOコンテストなる物が開催されているそうです。別にこれに
ついては主催者側がなるべく「参加していない人に迷惑が
かからないように」気を遣っているようですし構いません。

 問題は参加者。たまたま私がよく見ているブログでも参加
したのでしょう。そのためのキーワードである『ゴッゴル』を
ページタイトルや本文中いろいろな場所にちりばめています。

 参加する以上、そうなってしまうのは仕方ないとはいえ
それでも本文中に意味もなく『ゴッゴル』と連呼されるのは
ちょっとなぁ、いただけないなぁ、と考えてしまうのです。

 コンテストが期間限定なので、きっとそれが過ぎれば
元に戻るだろう、戻って欲しいなぁ、そんなことを考えながら
そのページを読んでいます。

|

« プリント基板用インクが別売りされる時代(まだ未到達) | Main | 迷惑メールへのプロバイダの取り組み »