« ココログの使用容量確認方法 | Main | それには異議有りっっっ »

その後の読書感想文~トラックバックのルールとは

 ココログマガジン 3月号についてのその後。

ゆみしん徒然の書: トラックバックについて

すとっく☆すとっく ~めざせサーファー主夫: トラックバックのマナーについて

 お二人の記事を読んで「あぁそうか」と思った事が2つ。

・トラックバックの使い方はまだそれほどは確立していない

・当然、ブロガー間で共有できるだけの
 「トラックバックのマナー」も確立していない

 結論としては、「ちょっとマナーを論じるには性急かなぁ」
と言う気がしてきています。


 まず最初の「使い方は確立してない」について。

 実はゆみしんさんの記事を読むまで私の中で
トラックバックという物は

・ある人の記事に興味を持った際に

・その記事の内容を元にさらに独自の視点や
 意見を加えた記事を起こし

・「関連する(でもちょっと視点、論点が違う)記事ですよ」
 と連絡するための物

 という認識があった。発想の元になった記事がある以上
そこにトラックバック先へのリンクがあるのは自然な事、
と言う訳だ。

#この(私の)認識そのものが間違っている、あるいは世の少数派
 である可能性は否定しませんが、ここでは論じません。

 一方、ゆみしんさんの場合は「自分と同様の記事を紹介」
する、と言うような感じでしょうか。

 私のような場合は原則的にトラックバック先は1つあるいは
少数ですが、ゆみしんさんの様な使い方の場合は多数、
ある程度あった方がむしろ記事の価値としては高いのかも
しれません。

 こんな調子で全く用途が異なっています。想定している
用途とは明らかに逸脱した、常識はずれな用途ならともかく
この程度の違いならどちらの用途もむしろごく普通に存在して
しかるべきなのではないかと思います。


 次に「マナーも確立していない」について。

 ココログだけをとっても開始からまだ1年。全員が開始当初
からすぐに始めたわけでは無い以上、めざせサーファー主夫さんが
言うまでもないが

 「そんなマナー知らなかった」

 と言うケースは当然あるのではないでしょうか。

#いきなりこんな事言うなよぉ、と言う人だっていたと思う。

 「マナー」とは世の中で守るべき規範であり、もっと柔らかく
言えば「あなたが守れば、あなたも周りの人も過ごしやすくなる
仕組みや決まり事」のはず。

 でも、決まり事が「マナー」となるには世の中の人の多くに
共通する認識、認知が必要ですし、学ぶ仕組みやお手本のような
物など、いろいろな物が必要になるはず。

 はっきり言って、とてもとてもそんな物は存在しないのでは
ないでしょうか。「明らかに関係のない記事にトラックバック」や
「むやみやたらにトラックバック」「トラックバック返し返し(以下略)」
みたいな物以外は共通の認識すらまだまだ無い、そんな気がします。


 と、ここまで書いて思う事が1つ。仕組みとしても難しく
ないので、トラックバックを打った際には

『この記事からトラックバックを打った先のリスト』

 と言う物を単純に用意して欲しいです。それはむしろ邪魔、
と言う人もいるはずなので表示/非表示は選択式にして。

 コメント並みのトラックバック管理機能(最近の5つ以外
表示すら出来ない)も含めて是非御検討の程を、と言う意味を
込めてスタッフルームへトラックバック、と。

・・・あ、関係のない記事だった(冷や汗)。

 2005.03.05 更新追記:

 今確認したら3月号についての記事があるのでそちらに
再度トラックバック♪

・・・って、これはさすがにスパム行為と言われかねない
かもと反省中。

|

« ココログの使用容量確認方法 | Main | それには異議有りっっっ »

Comments


 takさん:

 ニフティ側がマナーについて言及する事そのものは
啓蒙の観点から考えると悪いことではないように
個人的には認識しています。

 ただ、今回のことは(私も含めてですが)
ちょっとまだ共通の認識とは呼べないのではないか、
そんな風に感じています。
その段階で「こういうのがマナー」と言われるのは
さすがに違和感がありますね。

 いつになるのか(そんな日は来ないかもしれない)
トラックバックについての認識という物が確立された
段階であれば、多くの人に「こんな使い方だとかっちょよい」
とお知らせする意味でこんな話も出して欲しい、
そんな気がします。

Posted by: G.Leader | 2005.03.05 at 02:38

 トラックバックおよび私のブログの記事を取り上げていただきありがとうございました。

 私の意見をコメントとして書こうと思いましたが、長くなりましたので私のブログの記事で書きました。

Posted by: ゆみしん | 2005.03.04 at 22:39

TBありがとうございました。

私は、今回のココログマガジンのTBの記事に、すごく違和感を感じてしまいました。

ココログを提供するニフティが、利用者に対して型にはまったblogの使い方を強要しているかにすら感じてしまいました。

ココログマガジンに書かれていたようなマナーを利用者に強要する前に、『この記事からトラックバックを打った先のリスト』が出来るようにシステムを改善すべきだと個人的には思います(^^ゞ

Posted by: tak | 2005.03.04 at 10:47

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2143/3165277

Listed below are links to weblogs that reference その後の読書感想文~トラックバックのルールとは:

» トラックバックのマナーについて [すとっく☆すとっく ~めざせサーファー主夫]
先ほどニフティ株式会社から届いた、 『ココログマガジン ☆ 2005年3月号』の [Read More]

Tracked on 2005.03.04 at 10:43

» トラックバックについて考える [ゆみしん徒然の書]
 昨日トラックバックについて書いたのであるが、G.Leader様からトラックバックを頂いたので、その [Read More]

Tracked on 2005.03.04 at 22:32

« ココログの使用容量確認方法 | Main | それには異議有りっっっ »