« 『えらい人』と『そうではない人』 | Main | 転職について思うこと(2) 転職コンサルタントの良い点は »

転職について思うこと(1) 転職コンサルタントの不思議

 いろいろ思うところがあって、現在転職先を探しています。
(あ、こんな私でも雇ってみても良い、まずは話を聞こうじゃないか、
 という奇特な・・・間違えた、慈悲深い会社がありましたらぜひご一報を)

 さて、そうなると今の時代便利になったもので、インターネット上には
転職支援サイト、なるものがいろいろとあります。

 転職そのものは希望していますが、現在就職しているためそれほど
あせらずのんびりいこかね、そんな状態です。

 さて、この手の『転職支援サイト』、大まかに2種類存在しています。
ひとつは普通の転職支援サイト。情報を登録しておいて、求人をしている
企業の担当者がそれをみつけ、アプローチするというもの。

 もうひとつは『転職コンサルタント』が間に入るもの。こちらは
転職斡旋の専門家が入るため、一般の求人よりもより専門性の高い求人などが
紹介されるとか利点もあるそうです。

 ですが、この後者のケース、何度か経験していますがどうも
首をかしげる事が多いのです。

 そもそも転職コンサルタントの方のアプローチには共通点があります。

 まず、詳しい内容は電話でお話を、と電話でコンタクトを取ろうという点。
これは、電話の応対をみることで相手がどのようなタイプの人かまず
あたりをつける、という理由でしょう。そう考えると理解できる点もあります。

 ですが、詳しい内容は電話でないと話せない、というケースが何度か
ありました。電話では言った言わないのすれ違いが発生してしまいかねない
ですから、細かな説明を電話で行うことは有ったとしてもお仕事の内容に
ついて別途メールのような形で送付して頂かないと検討する際にも困る、
というケースが何度もありました。

 もっとも極端なケースでは最初のアプローチの際は「あなたの地元で
ご紹介できるお仕事があります。まずは電話にて」というものでした。
これではあまりに大雑把過ぎて、検討することは不可能です。

#「どんなしごとやねん。」と心の中で突っ込んでいました。

 次の点は「履歴書、職務経歴書をメールで送付してくれ」というもの。

 仕事の内容はメールでは送付できないのに、個人情報の塊とも言える
履歴書や職務経歴書をメールで送付してくれというケースはかなりの
ケースで発生しています。

 そもそも、転職サイトを利用している際にこの辺の情報は入力して
しまっています。履歴書として相手先企業に提出する前に添削したい、
といった理由の説明があればまだしも、「まず送付してくれ」が
ほとんどです。個人情報保護の意識はあるのだろうか、もっと具体的に
言えば「そのファイル勝手に他に送ったりしてないだろうな?」
そんなことを疑問に思ってしまいます。

 また、結構対応がドライ、というのも感じます。

 転職コンサルタントさんは最初はかなり丁寧なアプローチをしてきます。
「こんなお仕事はどうでしょうか。ご希望があればお聞かせください。
 他にもご紹介できるお仕事もあります。」等など。

 ですが、実際には向こうが紹介したい内容に対してなんらかの理由で
そぐわなかったり、面接まで行ったものの結果駄目だった場合。

 いきなり音信不通になってしまうのです。

 転職コンサルタントって自分の関心のあることにだけ一生懸命なのかなぁ、
そんなことも感じてしまいます。

|

« 『えらい人』と『そうではない人』 | Main | 転職について思うこと(2) 転職コンサルタントの良い点は »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2143/9169381

Listed below are links to weblogs that reference 転職について思うこと(1) 転職コンサルタントの不思議:

« 『えらい人』と『そうではない人』 | Main | 転職について思うこと(2) 転職コンサルタントの良い点は »