« 転職について思うこと(5) やっぱり一極集中 | Main | PSPvsニンテンドーDSvs『オリガミ(Origami or UMPC)』 »

"No." or "Yes, but..."


 転職を決意する経験からじゃあまったく何も学ぶ事は無かったか、
というとそんなことも無くて。

 それからなるべく気をつけていることが有ります。
それは否定のしかた、です。

 何かする際に相手の意見を否定しないといけないケースは
良くあります。でも、単に否定する、たとえば、

「いやだめだ。そうではなくて・・・」

 なんてやったらどうなるか。よほどで無い限り良い気分は
しないでしょう。そもそも自分を否定されて愉快な人間など、
そうはいないはずです。

 ならどうするか。タイトルのように"Yes, but..."としてみる。

「そうだな。でもこうしたらどうだ?たとえば・・・」

 こう言うわけです。単に「否定」するのではなく。
相手の意見は認める。その上で「だがこうしたらどうだ?」
という、「認めて、提案」するわけです。

 何でもこの、"Yes, but..."という言い回し、外国の方だと
コーチングのような研修を受けた方はもちろん、ごく一般的な
会話でも使われるそうですが、日本語だとあまり使っている
ケースが多く無い気がするので、ぜひともこんな考え方が
多くなっていってほしい、そう思います。

・・・ま、私も実際にはなかなか難しいんですけどね。

|

« 転職について思うこと(5) やっぱり一極集中 | Main | PSPvsニンテンドーDSvs『オリガミ(Origami or UMPC)』 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2143/9169409

Listed below are links to weblogs that reference "No." or "Yes, but...":

« 転職について思うこと(5) やっぱり一極集中 | Main | PSPvsニンテンドーDSvs『オリガミ(Origami or UMPC)』 »