« HPのプリンターでレーベル印刷できればいいのに | Main | フラッシュメモリって好調なのか(2) ~フラッシュの今後はどうなるか~ »

フラッシュメモリって好調なのか(1) ~大容量iPod nanoが出たとしたら~

ITmedia News:iPod効果でフラッシュメモリ好調――「10G超nano」登場か

 個人的には「大容量」というだけではあまり面白みが無いように思います。

 同時に4GBというのは、そう考えてみると結構いいラインだったのかなぁ、
と思うのです。というのも。

 たまにぽつぽつCD買う、という程度の音楽のライトユーザーだと、
多少の過不足はあったとしても4GBあるとほぼ「持っているCD全部」
を入れてしまうことができると思われます。

 さて、では10GBや12GBとなるとどうなるか。意外とこの容量を
すべて楽曲で満たすほど手持ちのライブラリがある、あるいは増える予定が
ある人というのは少ないのではないでしょうか。

#もちろんこんなんじゃ全然足らないとか、だいたいMP3とかじゃなくて
 Lossressでないとなんて人は・・・知らん。

 もちろん「単にスペックがあがったからそっちの方が良いじゃん」という
理由を否定するつもりはありませんし、容量が増えた「だけじゃない」
可能性というのもありえると思います。ですが、仮に容量以外に
目立った差が無かったとしたら、むしろ値段が下がるのはまず確実な
4GBタイプがお買い得なんじゃないかなぁ、と思います。

|

« HPのプリンターでレーベル印刷できればいいのに | Main | フラッシュメモリって好調なのか(2) ~フラッシュの今後はどうなるか~ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2143/10718822

Listed below are links to weblogs that reference フラッシュメモリって好調なのか(1) ~大容量iPod nanoが出たとしたら~:

« HPのプリンターでレーベル印刷できればいいのに | Main | フラッシュメモリって好調なのか(2) ~フラッシュの今後はどうなるか~ »