« USBフラッシュやメモリーカードの落とし穴 | Main | 『ひかり』って『あがり』なのか »

ごく個人的な(しかも一般的では無い)今時のデジカメ選び


 ちょうどこのブログを始めた頃、デジカメの選定をしていたのを
思い出しました。

 その後購入したのはPanasonicのLUMIX DMC-LC33 という物。

 私のデジカメ選びの基本として「乾電池駆動」というのがあるので
それを前提にするといきなり選択肢は多くないのですが、その中で
これをたまたま購入してしばらく使っています。

 基本的に性能に不満点は無いです。起動速度も十分ですし、画素数も
不満は(やはり私の用途だとせいぜい200万画素で十分のようです)無い。
あえて難点を言うと、ちょっと色のイメージが違うというのは
引っかかりました。

 それまでは富士フィルムのFinePixをずっと使っていたのですが、
どうも同じ物を撮っても以前とイメージが違います。なんとなくですが
緑色の印象が異なるようなのです。ただ、これは私の操作ミスとか
別の要因も考えられますから『欠点』とは言いにくいでしょう。

 さて、基本的に不満が無いなら新しい物なんて考えなくてもいいだろ?
そうなんですけど、昔は想定していなかった用途が意外とあるんです。

 それは「デジカメで直接写真を鑑賞する」というもの。

 「鑑賞」というのはちょっと大げさですが、写真を撮ったらそれを
デジカメごと渡して他の人に見てもらう、ということが結構あったのです。
そんな用途にはいまのLC33の液晶モニターのサイズはさすがに小さい。
なので液晶モニターが大きい物が欲しいと言うのがあります。

 また、手ぶれ補正もあったほうがいいな、というのがありました。
ただ、これは暗がりで撮影する事があったためなので、下手に手ぶれ補正に
頼るよりはシャッタースピードを変えたり、しっかりカメラを固定するとか
基本をしっかりやった方が良い気もしますが、でもやっぱりカメラが
何とかしてくれるならそれに越した事はありません。

 そんなこんなで私のデジカメ選定2006年版の基準はこんな感じ。

・やっぱりコンパクトデジカメ
 世の中は一眼レフタイプ全盛ですが、私にはアレは魅力ゼロです。
 いくらものすごぉく良い絵が撮れますよ、なんて言われても
 あんな大きい上に高価な物、旅行で持って歩くにはめんどくさすぎます。
 といいつつ、LC33みたいなコンパクトデジカメの割には大きい物でも
 全然OKなのはなんか矛盾しているかもしれませんね。

・画素数は相変わらず
 今の流行りだと500万画素程度から、らしいですが。正直、そんなに無くても
 全く困りません。せいぜいはがきサイズに印刷するくらいなので、
 ほんと、300万画素でも良いんですよねぇ。

・光学系の要求は
 ズームは必須。と言っても今は無い物の方が珍しいです。そうなると
 倍率ですが大きいに越した事は無い、という感じです。レンズのメーカー
 とかは・・・はっきりいってわかりません。そして手ぶれ補正。
 実際どの程度なのか実感も湧かないのですが、やはりあればいいなぁと。

・サイズと言うか外観と言うか
 ビューワとしての用途があるため大きな液晶モニターは必須です。
 その他外観は・・・あまりこだわらないので今のLC33と似たような
 「ちょっと安い感じのカメラっぽい外観」でもいいんじゃないか、
 って思っています。

・後は基本的な事
 SDカード対応である事。乾電池(ニッケル水素充電池)対応である事。
 この辺は以前と変わらない要求事項です。

 では候補は・・・実はもう決まっていたりします。DMC-LZ5
やっぱりPanasonicになってしまいました。ってすでに買う気満々だったりして。

 今のLC33と比べてどうなのか、同じ物を写して比べてみようかな、
なんて事も考えています。

|

« USBフラッシュやメモリーカードの落とし穴 | Main | 『ひかり』って『あがり』なのか »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2143/10718908

Listed below are links to weblogs that reference ごく個人的な(しかも一般的では無い)今時のデジカメ選び:

« USBフラッシュやメモリーカードの落とし穴 | Main | 『ひかり』って『あがり』なのか »