『吾唯足知』ってなんじゃらほい!?


 どこで見たのか聞いたのか知らないが、母親が
『真中が口で足とか知とか言う字の言葉って?』
と聞いてきた。

#いやそんなヒントではわかりませんって。

 とはいえとりあえず『足知』で調べるとさすが
インターネットは情報の宝庫とゴミ箱の集合体(こら)
ちゃんと出てくる。えとえと、大体こんな所か。

知足の蹲踞(つくばい)-茶室蔵六庵の露地にある。
蹲踞は茶室に入る前に手や口を清めるための手水を
張っておく石のこと。ここの蹲踞には「吾唯足知」
(われ、ただ足るを知る)の4字が刻まれているが、
水を溜めておくための中央の四角い穴が「吾唯足知」
の4つの漢字の「へん」や「つくり」の「口」として
共有されているのが見どころである。徳川光圀の寄進
と伝える。なお、一般拝観者が見ることができるのは
レプリカである。(Wikipedia 龍安寺 より


 うまい事言う(というか書くというか)ものですねぇ。
たしかに、欲望にはきりが無いからなぁ。どこかで
区切りつけないと欲望に飲み込まれかねないし。

 でも、必ずしも共感できない点もあります。
現状に満足してしまうのは決して良い事とは
いえないんじゃないか?
それじゃ成長も出来ないんじゃないか?とか。

 ただ、現状に満足するのと、現状に不満を持つ、
もっと言えば現状に不平を並べるのとは違うのでしょう。

 なんとかしたい、と思うのはきっといいのだと思います。
でも、だからって現状を全否定するこたぁないだろ、

 どうなるにせよ『いま』からはじめるしかないんだから。

 もっと良くなるために、今も楽しむ。そんな気構えで
いいんじゃないか、なんて勝手に解釈しています。


・・・じゃないと転職希望とか全否定されるんだもぉん。><

| | Comments (0) | TrackBack (0)

"No." or "Yes, but..."


 転職を決意する経験からじゃあまったく何も学ぶ事は無かったか、
というとそんなことも無くて。

 それからなるべく気をつけていることが有ります。
それは否定のしかた、です。

 何かする際に相手の意見を否定しないといけないケースは
良くあります。でも、単に否定する、たとえば、

「いやだめだ。そうではなくて・・・」

 なんてやったらどうなるか。よほどで無い限り良い気分は
しないでしょう。そもそも自分を否定されて愉快な人間など、
そうはいないはずです。

 ならどうするか。タイトルのように"Yes, but..."としてみる。

「そうだな。でもこうしたらどうだ?たとえば・・・」

 こう言うわけです。単に「否定」するのではなく。
相手の意見は認める。その上で「だがこうしたらどうだ?」
という、「認めて、提案」するわけです。

 何でもこの、"Yes, but..."という言い回し、外国の方だと
コーチングのような研修を受けた方はもちろん、ごく一般的な
会話でも使われるそうですが、日本語だとあまり使っている
ケースが多く無い気がするので、ぜひともこんな考え方が
多くなっていってほしい、そう思います。

・・・ま、私も実際にはなかなか難しいんですけどね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

年賀状が増える理由、減る理由

メールによる年賀状、「失礼だと思わない」が約7割~年賀状の意識調査

 もう5年くらい前でしょうか、その前からパソコンは使っては
いたのですが、プリンターを買ったのがきっかけで年賀状を
出すようになりました。

 それ以前には『来た物には仕方なく返事を出す、
下手すると返事すら出さない』と言うずいぶんめんどくさがり、
イヤ、無礼なやつでした。字が破滅的に汚いのも理由の一つ
ですね。手書きでなくても何とかなるパソコンでの年賀状作成
には私はきっと相当助けられているのでしょう。

 その後、家族の分の作成も請け負うようになり、異動するに
従って出す量も増えてきています。ですが、今年は思い切って
出す量を減らそう、って思っています。

 年賀状は本来年初の挨拶のはず。今年一年よろしく、
そんな思いを伝える物。だからそれを考えたら手段なんて
メールだろうと電話だろうと構わない、そう思います。
実際まだそれほど実例は無いのですが、私自身は
メールで年賀状でも全くイヤじゃないです。

 ただ、年々無節操に増えていく数を見て「私は本当に
この人たちに年賀状を出したいのだろうか?」去年ですが
そんな事を考えました。

 嬉しくないんです。出しても、受け取っても。来ているか
どうかすら気にならないし、気にしない。そんなのが7割くらい。

 今年は、出したい人だけに出そう。思い切って仕事関連は
『返事だけといいつつ気が付いたらもう出社してる』にしよう、
そんな事を考えています。

・・・もしかして、私は5年かかってまた無礼なやつに戻っている?!

| | Comments (1267) | TrackBack (0)